今が旬!夏は家族でブルーベリー狩りに行こう!!

こんにちは ふじ応援部4期生のサヨちゃんです。

夏が旬のブルーベリー。
富士市はブルーベリーも有名って知ってましたか?

私の知り合いに“毎年ブルーベリー狩りに行く”という方が多く、私自身、この時期をとても楽しみにしていました。

富士市に住んで5年目ですが、私も周りの友だちもブルーベリーが富士市の名産ということを知りませんでした。
「これはもったいない。もっとたくさんの人に知ってほしい!」そう思ったのが取材のきっかけです。

もぎもぎ♪ブルーベリー狩り

今回私は、富士市農協ブルーベリー部会の部会長である望月さんが経営している岩本山ブルーベリー農園に伺いました。

ブルーベリーは、6月くらいから実をつけるのですが、望月さんの農園では8月の暑い時期に実るブルーベリーをおすすめしています。
試食させていただきましたが、「こんなに甘いんだ!」と思わず声をあげてしまいました。
もちろん、実っている木や品種によっては酸っぱいものもありますが、小学3年生の娘も「おいしい」と喜んで食べていました。子どもって正直なので、この様子を見て本当に甘くておいしいんだなと実感しました。

この日は毎年ブルーベリー狩りにくるという団体の方も来ていました。慣れているようで、手にたくさんブルーベリーを取って見せてくれました。

今年は昨年よりも実がたくさんできているそうです。
またまだ赤い実も多く、9月上旬までは楽しめるみたいですよ。

訪問前には一度お問い合わせください。農園は広いので密にはなりませんが、熱いので水分をお忘れなく!

食べ方いろいろ♪おすすめは!?

ブルーベリーの食べ方は、ロールケーキ(市販のロールケーキでOK)にトッピングしたり、ヨーグルトに入れたり、スムージーにするなど、本当にいろいろありますよね。


わが家では、カップケーキを焼いて生クリームの上にブルーベリーをトッピングしてみました。

左は富士山をイメージ。小学校3年生の娘作

皆さんもブルーベリーの食べ方をいろいろ試してみてくださいね。

しかし、やっぱり一番は“採れたてをそのまま食べる”のがいいかもしれません。

富士市産ブルーベリー「のびのび富士育ち」

富士市のブルーベリー農家が協力して、8月から富士市産ブルーベリー「のびのび富士育ち」を市内のエスポットで販売が始まりました!

実は、富士市産ブルーベリーのキャッチフレーズ「のびのび富士育ち」は私たちふじ応援部(ふじ応援部NEXT)が意見交換をして出した案の中から決めていただきました。こんなにすてきに出来上がるとは感激です。

一粒一粒が手摘みなのが特徴です。
ぜひ、お手に取っていただきたいと思います。

岩本山ブルーベリー農園

富士市岩本1605(岩本山公園周辺に看板あり)
tel/fax:0545-62-1493
営業時間 2021年7月下旬~8月下旬まで、AM9:00~PM16:00 
ブルーベリー狩りは予約が必要です。必ず前日までにご予約下さい。  

※ソーシャルディスタンスを確保し、感染症対策をおこなっています。
来園する場合はマスクをご持参くださいますようご協力をお願いします。
高い発熱があったり、体調がすぐれない場合はご来園をお控えくださいますようお願いします。

【食べ放題】40分 中学生以上800円 小学生以下500円 3歳児以下無料 
       ※別途100g/250円摘み取りお持ち帰りいただけます

  【お土産 】冷凍ブルーベリー   1kg/2,000円
       ブルーベリージャム
       いちじくジャム
定休日
ホームページ: