知っていましたか?無料給水サービス/無印良品

こんにちは、ふじ応援部4期生のいすちゃんです。

我が家のご近所にあります、「無印良品 西友富士今泉」にお邪魔しました。
ここはスーパー、ドラッグストア、100円ショップ、洋服店などが並ぶ生活に欠かせないエリアとなります。

店内に入った瞬間、アロマの香りと清潔感いっぱいの空間にいつも癒されている私。富士市内、唯一の店舗ということもあり多くの無印ファンが足を運んでいます。

店内レジに向かって奥まで進むと右手にあるのが給水器です。(食料品のエリアの中にあります。)
どのように給水器を利用するのかな?と、不安になる方も多いはず!
店長の鈴木さんに使い方などを含め、お話を伺いました。

この給水機は、店内でボトルを購入しなくても給水できるそうです。今回私は、ボトルを購入して給水しました。
「ボトルと一緒に、水に溶かすタイプのルイボスティーや黒豆茶などの販売もありますので、お好きなお茶も飲むことが出来ちゃうんですよ」と鈴木さん。これは嬉しいですよね。

給水はとっても簡単!

①常温水・冷水を選択する。
②出てくる水の量を選択する。

③給水ボタンを押す。
お好みの水がボトルに入っていきます。

暑い夏には冷水、身体の冷えが気になる方は常温水と選べるのがいいですね。

マイボトルの飲み残しや、多く入れ過ぎてしまい余った水なども流せるので安心。新しくボトルを購入した後すぐに水分補給したい場合も、給水器の隣で、ボトルをすすぐことができます。

無印良品のスタッフさんも、各自で水のボトルにマスキングテープの上からイラストを描くなど楽しんでいました。何とも可愛い♪

なぜ、無料給水サービスをスタートしたの?

給水サービスは2020年7月から開始しました。
プラスチックごみ削減のために私たちにできることは何か。と考えた時にお水については毎回ボトルを捨てるのではなく、水を詰め替えればごみを減らせるのではないかと考えたからです。
「まずは1日1本でも空のペットボトルを減らすことからはじめてみませんか」と、持続可能な社会への第一歩として給水サービスを開始しました。

これからの社会を考え、“できること”から、少しずつ。そんな無印良品の想いが、この無料給水サービスに繋がっています。

自然とのより良い関係を目指す無印良品は、地球資源の循環化やプラスチックごみ削減に向けて“できること”から進めています。
2021年4月より、無印良品のドリンクの容器をペットボトルから循環型の原料になるアルミ缶へ変更し販売しています。これは、プラスチックごみ削減の取り組みです。この変化は、既に見て気がついている方もいるかもしれませんね。

容器がアルミ缶になると光を遮ることができるため賞味期限も長くなり、フードロスの削減にもつながります。

ペットボトル飲料を新しく買う代わりにリサイクル率が高いアルミ缶飲料や、瓶に入っている飲み物を購入することマイボトルを利用して給水すること、これらはすべてプラスチックごみの削減になっています。

今回、私が無印良品の店内で購入したボトルも、新しく買い替える時や破損して不要になった場合は、店頭で回収してくれます。回収したボトルは、リサイクルされます。
1人1人ができることを。捨てるのではなく繰り返し使っていきたいですね。

「給水機のご利用だけでも、ぜひいらしてくださいね。お買い物のついでに立ち寄ってくださるだけでも嬉しいです!給水機を利用する前に、分からないことや心配な事がありましたら、気軽にスタッフまでお声をかけてください。」と、お話してくださいました。

お出かけの時にはマイボトルを持って出かける。
地球にも、お財布にも優しいアクションだと思いました。
無印良品と一緒に“できること”から、少しずつ。まず最初の一歩、始めてみませんか?

無印良品 西友富士今泉

富士市今泉3-5-1
tel/fax:0545-55-4170 / faxは無し
営業時間 10:00~20:00
定休日 無し
ホームページ:https://www.muji.com/jp/ja/shop/detail/045352