誰かのために私ができることを~富士市女性消防団員の皆さん~

こんにちは!4期生のぷにぷにです。

寒い季節、夜になるとカーンカーンカーンと、消防団による巡回広報の鐘の音が聞こえてきますね。

今回私は富士市の女性消防団員の団体、「富士市女性消防団連絡協議会」の取材に行ってきました!!

富士市の女性消防団員で構成される「富士市女性消防団員連絡協議会」の皆様

消防団員・・・と聞くと、男性をイメージしがちですが、富士市内には12名(R3.1.1現在)の女性団員が所属しており、皆さん、男性の方々と同じように、地域の分団で活動しています。
女性団員間での共有事項などの連携や活動の活性化のため、令和2年から「富士市女性消防団員連絡協議会」が発足し活動をしています。

主な活動内容は、男性の消防団員と同様に火災時の出動のほか、巡回広報や富士まつりなどの警備、応急手当講習の講師(要資格。普通救命講習)などを行います。

今回私は、富士市の女性消防団員の方々に、入団したきっかけや市民へのメッセージなどを、インタビューをさせていただきました♪

富士市女性消防団員連絡協議会
会長 大久保規子さん(第28分団)のお話

富士市女性消防団員連絡協議会 会長 第28分団 大久保規子さん

~入団したきっかけや、メッセージをお願いします!~

夫が長く消防団員を続けています。妻として活動を支えながら、女性の立場として何かできることがあれば、是非自分もそれを担う1人になりたいと思い、入団しました。

次男が高校3年生、ゆくゆくは団員になる予定です。男女問わず、子どもたちに、大好きな富士市を守る、背中を見せられる親でありたいと思い活動してきました。

全国的に様々な災害が起きる中、幸いまだ富士市ではそういった事態には直面していません。しかし、平時の準備が大切です。いざという時に、男性に相談出来ないことなど、お年寄り・子ども・女性の話を直接聞き、女性だからこそ分かる悩みや困りごとに寄りそった対応のできる消防団員でありたいと思っています。

副会長の海老原真麻さん(14分団)
桑原裕子さん(16分団)のお話

~消防団に興味のある女性に向けて一言お願いします!~

人の為に活躍したいと思う方に是非来てほしいです!!
明るく・元気に、メリハリをつけて和気あいあいと活動しています。
あまり堅苦しく考えず、まずは是非見学から!

杉尾怜香さん(28分団)のお話

杉尾怜香さん(28分団)

~若い世代の女性に向けて一言お願いします!~

女性消防団員の活躍の場をもっと作っていきたいと考えています。

消防団では、「消防団を通じなければ普段接することの出来ないような人たち」と、一緒に活動することができます。活動を通じて知り合った様々な方たちとの繋がりを大切に活動していきたいです。

~取材を終えて~

いかがでしたでしょうか?

いつ来るかわからないのが、災害。

「いざという時」の為に、日夜活動に取り組む富士市女性消防団員のお人柄や活動への想いが伝わりましたでしょうか?
今回、取材しているときに入団を検討されている方が見学されていました。

この記事をご覧いただいき、消防団に少しでも興味が出た方は、一度ご見学だけでもいかがでしょうか?


皆さんの熱いお話を伺って、機会があれば男性の消防団員の方も取り上げたい!!と思いました。

富士市女性消防団員連絡協議会


tel/fax:TEL:0545-55-2852(富士市消防本部 消防総務課消防団担当)
営業時間
定休日
ホームページ:https://www.city.fuji.shizuoka.jp/safety/c0310/rn2ola000002pw78.html